スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

要望が有ったのでかと流のPT組み方 part1 加藤雨

皆さんから要望が有ったので自分のPTの組み方というものを例を上げて紹介いたします
今回例に上げるのは「加藤雨」です


BW環境最終期に自分が作ったPTです
当時の流行である雨メタカイリューやタスキボルトこういったものを地雷要素でつぶしグドラを動きやすくしようというコンセプトで作ったPTです

※当時の環境には霊獣ボルトやテクニガッサは居なかったということをお忘れなきよう呼んでください



まず構想段階から脱出ボタンを持ったニョロトノと眼鏡キングドラというギミックを思いつく
この際自分は、ドサイドンを入れることで電気の一貫性を無くしサンダーボルトカイリューを対策しようとしていた
しかし、対面でほぼ勝てるとはいえ逃がしてしまうことに気がついてしまった


そこでタスキボルト・メガネサンダー・カイリューそしてラティオスを逃さずに狩れるポケモンを探そうという結論に至った
その結果思いついたのがスカーフパルシェンである。そしてスカーフパルシェン役割を持つことができるスイクン
さらに雨にも強くスカーフパルを止められるナットゲルを対策することにした
その際採用となったのがキノガッサである


そこで一時期猛威を振るったパルナンスガッサの形でスカーフパルシェンをカモフラージュしていくことにした。トノグドラパルナンスガッサの形はここで出来上がっていた。そこで、某氏からえむえすワイズ雨の存在を知らされる
そこで対受けループとしての性能が不足していることに気がつくそこで文字ガブリアスの採用であり、持ち物がタスキなのは雨ミラーの際キングドラに勝てるようにである

こうして加藤雨が出来上がりました。
これが自分の構築の一例です



まず特徴としてあげられるのが縦の相性だと思っている 当時はノオースタンなどが猛威を振るいつつあり雨の対策としては上でもあげられている通りボルトロスやカイリューでしているものがほとんどだった
そこで最も多かった流れを解説すると

初手パルシェンVSボルトロス
こちらつららばり 相手ボルチェンorハッサムに交代

このパターンがほとんどでした
そこでハッサムに引かれた場合はトノを投げて剣舞だった場合は熱湯を入れ とんぼ返りだった場合は脱出ボタンでキャッチすることができる
そこでキングドラを出し相手は受けることができない状態に陥りますカイリューなら受けることは可能でしたが当時のカイリューはまず意地っ張りが主流であったということも有ってパルシェンの後投げが安定していました


このPTの基本選出はスカーフパル 脱出ニョロトノ 眼鏡キングドラとなっています
俗にいう相性補完は全く取れていません。しかし、なぜ90%近い高い勝率を叩き出せたのかそれは縦の相性にほかなりません
スカーフパルシェンとキングドラ この2匹でほぼすべてのこのPTに一貫性を持てるポケモンを対策できているのです 更に起点になりにくい脱出トノ
これが縦の相性補完です 基本的にこの縦の相性補完は軽視されがちですが 非常に重要な要素を持っています



まあこのように例をあげて説明しましたが
手順として説明すると
1.軸となるギミックを定める(脱出トノグドラ)
2.軸となるギミックを補助する役割or軸となるギミックを動きやすくする地雷要素(スカーフパルシェン)
3.上記で対応不可能な相手を対策する&地雷ギミックを組み込む場合はカモフラージュする
この流れで基本的にPTを組んでいます

私が特に重視しているのは横の相性ではなく縦の相性です 
○○が呼びこむポケモンは□□ では□□を狩るにはどうすればいいのか あるいは□□を起点にしてしまうにはどうすればいいのか
その点を考えれば自ずといい構築ができると思います


過剰晴」で言うとガッサのマッハパンチからマンダの逆鱗でドランが落とせたり
ドラン以外の鋼にはキュウコンの繰り出しが効き裏のポケモンがトノやバンギ以外の場合大きな負荷をかけることができる 
さらに耐久に多めに振ったガッサなので相手の天候ポケモンには基本繰り出せるといった形になってます
相性以外にもこのような縦での補完を意識することで勝率の向上は見込めます

カモフラージュそして選出誘導これは非常に不安定な要素に見えますが実はかなり信用できるギミックだと思っています
バンガブに対してトノグドラを出しませんか? 雨パに対して雨対策のギミックを繰り出しませんか?そういうことです
相手の選出を誘導しそれを意表をついて狩り、対策ポケが消えたところでエースを降臨これが自分のPT構築の思考です
スポンサーサイト
[ 2012/10/09 18:39 ] ポケモン | TB(0) | CM(5)

始めましてみことと言います。加藤雨の構築を見てこれはすごいと思ってランダム潜ってみたらシーズン6のレートが1878くらいいきました!感謝しています。かとさんの構築と違うところは自分はトノのBを鉢巻カイリューの逆鱗耐えまで振ってなおかつ起点にされないようにアンコを入れているのと、火力上げのためにパルを意地っ張りに、後はガブが鮫肌なのとダブチョを逆鱗にしています。脱出雨におけるスカパルの強さを使ってみて思い知りました。雨の面倒なサンダーやボルトやカイリュー、マンムー辺りも見てくれるのが非常に強いと思います。長文すみませんでした。
[ 2012/10/11 11:06 ] [ 編集 ]

加藤雨、使ってみたいと思ったんですけど雨パは瞑想スイクンが重くありませんか?
氷柱選択パルシェンVSスイクンの状況になったらまずいと思うのですが…
雨に対して冷凍持ちのスイクンはよく出てきますし
[ 2012/10/14 12:37 ] [ 編集 ]

加藤雨、私も使わせていただいています。
机上論ですが、自分なりに考えてみたので、ご意見をお聞かせいただけたらと嬉しいです。

ニョロトノの技ですが、滅びの歌は確定として、熱湯を波乗りに、
めざ電&どくどく&守るのところに、凍えるかぜはどうでしょうか。
理由は、熱湯で火傷させてしまうとキノコ胞子が打てなくて困ることがあったこと。
また、安全にキノコ胞子を撃てる相手を増やすために、凍えるかぜで相手の素早さをさげてもいいかな、と。

あと、キノガッサは、夢特性のテクニシャンの子は選択肢に入りませんか?ポイヒループの子よりは相手に嫌われることが少ないかなと、
[ 2012/10/29 15:49 ] [ 編集 ]

名無し

一年前の記事ですが、改めて見てみると非常にタメになることが書いてありますね。どうも最近ポケモンの構築がはかどらなかったのですが、これを見たらなんだかモチベーションがあがってきました。
[ 2013/07/08 22:17 ] [ 編集 ]

一年前の記事ですが、改めて見てみると非常にタメになることが書いてありますね。どうも最近ポケモンの構築がはかどらなかったのですが、これを見たらなんだかモチベーションがあがってきました。
[ 2013/07/08 22:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakuyath.blog31.fc2.com/tb.php/38-9ac1dc9c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。